ごあいさつ

海老名おやじの会は、海老名市立わかば学園で知り合った数名の仲間によって、当時園長の諏訪利明先生(現在川崎医療福祉大学准教授)をスーパーバイザーに2007年10月に立ち上げました。
当時は、父親に入る情報ツールが少なく、先ずは懇親会から情報の共有を始め今日の活動までに至ります。

父親『おやじ』目線で語り合いそして行動し、子供たちが明るく社会・地域で暮らせるように自立支援促進活動を行っています。
また、平成28年4月1日より障害者差別解消法が施行されました。これにより障がい有無に関係なく互いに尊重しあい、安心して暮らせる豊かな共存社会なるよう大いに期待したいと思います。

沿革と活動


懇親会・家族交流会・情報交換会・勉強会・わかば学園支援活動・行政への要望・自立支援協議会の参加など円滑に行うため
定例会議を週末の夕方より限られた時間の中で計画的に行っています。
仕事や家族との大切な時間が
ありますので参加は自由です。
〇懇親会…海老名駅周辺の飲食店で事業所の職員や学校の先生等も交えながら親睦を深めています。
〇家族交流会…バーベキューや遊びを通じて交流を深めています。
〇情報交換会…進路・進学、今後の将来、生活、制度・サービス等の情報交換を行っています。
〇勉強会…制度やサービス等を知識を増やすために勉強会や講演会などを行っています。
沿革はこちら

会員募集

会員数23名(2019年現在)
海老名市在住で障がいのある子どもを持ち、情報を共有したり学んだりしたいと思う方。
行事や会議などの参加は自由です。
会議議事録、情報メールで配信しています。
お気軽にメールにてお問い合わせください。
チラシはこちら

年会費 1,000円

※懇親会、家族交流会は参加者のみ別途


賛助会員様も団体・個人問わず随時募集しています。

お問い合わせはこちら